八重洲無線のFT-901D

最近入手した不動品の八重洲のFT-901Dです。 FT-901Dと言っても当初は前期型だとばっかり思っていました。
実機を観察すると前期型ではなくオプションもフルに実装されていて後期型ではないですか。
観察するとFT-901DMと殆ど同じです。DC-DCコンバーターが無いだけ。 しかし問題が沢山ありますので修理が必要です。
左表はオプション内容です。

D型でも赤丸のオプションが実装されていますので殆どDM型と言えます。それでもジャンク品扱いでした。
DMと比較するとDC-DCコンバータが無いだけ。
その代わりにDM型ではオプション扱いのCWフィルターが入っていました。
一般的にFT-101Z系とFT-901系では帯域可変機能が備わっていてCWフィルターは不要との事です。

幾つかの改造を施しました。
SSBフィルターでCW信号を受信する改造。
CW インターフェイスを組み込む改造。
アンテナリレーを使わないで送受信する改造。
正面パネルです。
バンドスイッチとかPLATE同調などはちゃんとWARCバンド対応です。
Reject機能もAPFもあります。
モードスイッチはLSB/USB/CW/FSK/AM/FMとなっています。
数字表示窓横にあるツマミはDIMです。前期型ではこれがCALとなっている筈です。
前の持ち主が印を付したバンドがありますし バンドスイッチには矢形のツマミです。
更にVFO切り替えの押しボタンスイッチのツマミが一個欠損していて押しても引いても動作しません。

尚 電源を投入すると点灯する筈の照明の一部が点灯しません。
恐らくその電源回路の故障でしょう。修理しました、同時にSメーターを交換しました。
背面パネルです。
特に問題は無さそうです。

FT-901DMならある筈の位置にはDC-DCコンバーターが有りません。

尚 入手した時には電源コードが付属してませんでしたから何とかせねばなりません。
手元にはFT-901DM用のがありますが。
上面です。

周波数カウンターは後期型で専用のLSIを使ったタイプです。

カウンターの左横にはなんと(当たり前の様に)FMユニットが実装してあります。
少し汚れてはいますが欠品は無さそうです。
そしてフィルターユニットにはSSB用とCW用が実装してあります。
AM用は有りません。

尚 長い間 基板(ユニット)は抜き差ししてなかった様で とても硬いです。
底面の様子です。特に問題ないです。

右側の四角いユニットは1CHのアナアログメモリーユニット

又 その上にはエレキーのボードがあります。