アンテナリレーを使わないで改造  改造後のCW出力波形   Sメーター切り替えリレー配線

FT-901ではアンテナリレーが背面パネルに設置してありリレーを後ろ側から差し込む形式のプラグインタイプです。
配線は内部ですが工具が到底入りません。 そこで考えた事は終段からのリード線や受信機へ行くリード線などを外部へ引っ張りだして作業する訳ですが。
背面パネルの様子です。
ファンモーターの横に黒いカバーを被せたアンテナリレーがあります。
その左右下方にアンテナコネクターと外部の受信機への接続コネクターがあります。

アンテナリレーそのものは下の画像の通りです。
そしてリレーを取り外し代わりのリレーの端子部を使い信号線などを外へ引き出します。
そしてすぐ近傍に高速リレーを設置し各信号線を切り替える構造となる筈です。

切り替える構造とするかW2LYHの記事の様な構造とするか考えどころですが 矢張りW2LYHの方法が優勢でしょう。
それは切り替える構造のアンテナリレーの選択肢は少ない、適度の切り替え速度の小型リレーはなかなか見つからない上に一般的な電力ダイオードを使う方法は回路と電源が面倒 等々の理由で。
代わりに探し出してきたリレーで端子から外部へリードを取り出す為に使います。
リレーは恐らく前にFT-901DMで実験した時の残骸です。
もっともリレーは今回は使いません

アンテナリレーのソケットのピン配列で背面パネル側から見たところです。

外部リレーの接続は TXとANTを常時接続したまま リレーの切り替え接点のNC端子を接続して受信機側とし NO端子はアースへ接続しておきますとセンター端子が受信機へ導入され信号が受信出来ます。

送信の時はセンター端子がNO端子(アース)へ切り替え接続され受信機アンテナ入力がアースされる構造のW2LYH方式です。
実際にはこんな構造になりそうです。

高速リレーを貼り付けた小型のコの字型基板を画像の様に取り付けます。
そしてオリジナルのリレーに代えて同じ構造のリレーの端子部だけを使って信号線などを取り出します。

高速リレーは受信部入力をアンテナ線に接続するか送信時にアースするかを切りえ替える目的で使います。
このリレーの駆動はオリジナルリレーの駆動回路をそのまま使います。
5Vリレーですが12Vで使っても何の問題もありません
配線しました

黄色の線が受信機の入力で外部小型リレーのセンター。
赤線が+12V 青線がリレーのドライブ。
白線がアンテナライン 緑がアースライン。

送信機出力と左下のアンテナコネクタをリレーの端子部で並列接続してあります。
受信機入力は常時(受信時)アンテナに接続されている構造となるわけです。

ケースはかぶせてありませんが大丈夫でしょう。
改造後のアンテナ端子周りの回路は左図の通りです。
赤線部分が追加した信号経路です。
図の様に送信機出力は小型のフィルター(パイマッチではない)を介して直接アンテナ端子へ接続しました。
受信機側は小型高速動作のリレーを介して受信時にアンテナ端子と直結です。
そして送信時に受信機側を切り離してアースする構造です。

こうすればアンテナリレーのホットスイッチング現象は起きる事は絶対有り得ません。
アンテナリレーが無いからです。
もっとも受信機側の小型リレーが・・・・に対しては50Ω系でマッチングしておれば大きな電圧は存在しませんので普通のリードスイッチタイプのリレーで十分です。
リレーの駆動はT/R切り替え動作と同じにしておけば良いです。

改造後のCW送信波形

上の様に改造した後の送信出力波形を観測してみました。
各部の波形です。 鮮明ではありませんが傾向は判ります。
短点を一個発生した時のもので最下段がキーヤー出力波形でオシロのトリガー。
中段がPAのグリッドバイアスコントロール信号波形。
上段がアンテナ出力波形で 6146Bx2 の出力波形です。
観測方法はアンテナ端子にT型接栓経由で同軸と終端を接続し T型接栓にプローブを当ててオシロへ印加してあります。オシロの設定は横軸 10mS/DIVです。

ここでは表示していませんが キーヤー出力と同じタイミングでT/Rリレーを動作させています。赤線の表示した区間が送信時間です。
約8mS遅延してPAに信号が出入りしています。
キーヤー出力が無くなるタイミング即ちキーアップと同時にアンテナ出力がなくなっています。
そして 約7mS遅延してT/Rリレーのコントロール信号が受信側へ戻ります。

この様にすれば理想的なタイミングでキーイングができアンテナリレーを使ってませんからホットスイッチングは有る訳ないです。
又 当該改造では受信機とアンテナ間を接続するリレーは高速ですし ガチャガチャ音は出ません

CW Interface Unit を実装後の様子

基板類は上から キーヤーユニット T/Rリレー基板 インターフェイス基板 です。

実はインターフェイス基板の寸法に問題があって外形を少しカットしました。
前のままでは飛び出ていて底蓋に当たるからです。
ユニット全体をシャーシ内部へ落とし込む位でないと駄目です。
その為に底蓋にはメモリーユニットを保護する為の細工がしてありましたが底面を下にして機器を置くと端子類が損傷する可能性がありました。
画像の様に大きい基板の裏表を幅広のビニールテープで保護して絶縁してあります。
全体の基板を落とし込む構造です。

ここまでで一応ブレークイン回路改造を保留します。

一番上のリレーはインターフェイスとは関係ないものでCWモードでもSSBフィルターを使える様にした切り替えです。
+12VリレーがメインのT/Rリレーで+12VをRFユニットの+12VT端子と+12VR端子へ切り替えて配分しています。
Sメーターリレーは受信時はS表示 送信時はPo/Ic/ALC表示ですが現在はS表示のみ配線してあります。
又右下の黄色はバイアスコントロール 左下の白線はT/Rコントロール線。
7805の下を通る黄色線はキーヤー出力です。


最後にSメーターの切り替えで残りに配線をすれば良い訳です
Sメーター切り替え配線完了の様子です。

往時のトランシーバーではSメーターはマルチファンクションタイプとなっていてFT-901Dもご他聞に洩れずそうなっています。

受信時はS表示として普通に使い 送信時は出力電力/終段管カソード電流/出力表示をファンクションスイッチで切り替えて表示している事は皆さんご存知の通りです。
今回の改造でこれを踏襲するのでそれなりの配線が必要です。
キーヤーに同期して動作するリレーで送受転換すると同時にSメーター切り替えもリレー、と言うわけで画像の様にしました。

少し太い赤のビニール線がファンクションスイッチからの線で、その下の青線がメーターの+端子からの線です。
リレ−のもう一つの接点のリード線はIFアンプの11ピンに行ってます。
要はその11ピンからの線とファンクションスイッチからの線とをリレーで切り替えている訳です。